COLLECTION

CASABLANCA カサブランカ

1920年代を代表する名作映画にちなんで名づけられた「カサブランカ」はステンレススティールがフランク ミュラーのコレクションに初めて採用されたモデルです。当時のヨーロッパではバカンスに行く時に、傷つきやすい金時計よりも当時の最先端技術でもあり、耐久性に優れたステンレススティール素材の時計を携帯することが粋でした。時代背景を時計に投影したフランク ミュラーは、街路灯の明かりが無いところでも視認性を確保できるよう畜光塗料を施した文字盤も採用しています。モロッコの砂漠の色合い、パリのエレガンス、丈夫なカーフベルトにロウ引きされたステッチなど、歴史とフランク ミュラーの現代的な解釈が見事に融合されています。またオーナーと同じように年齢を重ね、エイジングする文字盤の様子は、時間の経過も機械式時計の醍醐味であることを雄弁に語ります。

CASABLANCA COLLECTION